みんなで共通のお題に挑戦して、二次創作しませんか? もちろん見るだけも大歓迎!!
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
ケイトーンと切れない毛糸(2)【SS】
 
 
【2011/01/26 11:35】
 
 
そんなこんなで、一ヶ月半くらいでわたしたちの担当した子供の牧場の毛刈りが終わった。
つまり、今日でバイトも終わりって事だ。
大八車にオーシに頼まれた毛糸玉の入った箱を10カートン積み込んでいく。

「あれ、ルーミィとシロちゃんは?」
「あぁ、ルーミィたちは牧場に行ったよ。カガリと分かれるのが寂しいみたいだ。」
クレイはそう言ってにっこり笑った。

最初はあんなに喧嘩して怒ってばっかりだったルーミィも、いまやカガリにすっかり懐いちゃったんだよね。
二週間経った頃には朝一番に起きてカガリのお手伝いに行くーって言うくらいにね。
そうそう。なんとなんと。
カガリって、わたしたちの担当している牧場の厩舎の掃除やえさやりを一人でやってたんだよ?
「毛刈りシーズンはみんな忙しいからね。」
って言って当たり前のように毎朝早くに起きて仕事に向ってたんだ。
それを知ったルーミィが「ルーミィもえさやり、したい!」ってカガリに言ったんだ。
カガリは厩舎の中なら危なくないからって、えさやりを教えてくれたりと、ルーミィを妹のように可愛がってくれたんだ。

「そっかぁ。じゃあ、迎えにいこう!」
わたしたちは、アミールさんにお礼を言い、バイトをしたケイトーン牧場に向う。

ワイワイと話しながらたどり着くと、
「なに………これ……!?」
我が目を疑ってしまった。
だってだって、厩舎が見るも無残にボロボロになってるではないか!
牧場のケイトーンたちは興奮して暴れまわっている。
そしてそれを唖然とした顔で立って見ているカガリと隣にはルーミィとシロちゃん。
「ね、ねぇ、どうしたの!?これ!?昨日には壊れてなかったよね!?」
わたしは慌ててカガリたちの元に向かい尋ねたが、答えが返ってこなかった。
答える代わりに、口をパクパクさせて壊れた厩舎の向こうを指差したと同時に!

「危険があぶないデシ!!!」
「………!!!」


人間って本当に驚いた時って声がでないんだね。

「パステル!」
「カガリ!」

突然厩舎の奥からヒュルルルルとツタが数本伸びわたしとカガリを掴み、ビュンと持ち上げるではないか!!
みんなの声が小さくなり、あっという間に厩舎が小さくなっていく。
その間はたぶん一瞬なんだけど、わたしにはスローモーションのように感じられた。

「うわぁぁぁ!!」
カガリの叫び声ではたと我に返り、わたしも叫ぼうとした。

が。

「……!!?????!!?」

またまた絶句。


だってだって。
わたしの真下になにが見えたと思う?

大量のツタの中心には大きな大きなモンスターの本体があったんだけど。
その本体にまるで口のような穴がぽっかり空いているんだよぉ!?
それも、なんだかその穴の奥には粘着質のあるネバネバとした液体が見える。
もしかして、あれって食虫植物!?
いや、いや、いや!
このツタがわたしたちを食べようとしてるとしたら…
食人植物!?
ちょっと、ちょっと、それって、わたしたち食べられるってことぉぉぉぉぉぉ!?
頭に浮かんだのは、あの口にほおりこまれ溶かされていくわたしの姿…
い、いや!そんな死に方いやだぁぁぁぁぁぁぁ!!

パチッと頬になにか当たった。
「いったぁーい!」
「おい、パステル!!ぼーっとしてる場合じゃないだろ!!」
声のするほう見ると、トラップだ!
彼の手にはパチンコが握られている。
どうやら、さっき何かをわたしの頬に当てたのはトラップらしい。
「ちょっとぉ、何するのよ!」
「うっせぇ、こっちも大変なんだよ!おめぇ冒険者なんだろ!?自分のことは自分でなんとかしろ!」
トラップは彼を捕らえようとするツタからひょいひょいと逃げながら、ツタを器用に登ってカガリの方へ向かった。
「パステルおねーしゃん、大丈夫デシか?」
「……シロちゃん!!来てくれたのね!」
「すぐお助けするデシ!」
シロちゃんががぶっとわたしの体に巻きついたツタに噛み付くんだけど、それだけじゃダメみたい。
ツタは痛そうな様子もみせず、ぎゅっとわたしを縛り付けたままだ。

……なんとか………しなきゃ…!!

わたしはふぅーっと深呼吸をして自由に動かせる腕を上下させた。
うん、大丈夫、大丈夫。まだ、腕は自由だ。
わたしはそう自分に言い聞かせて、ショートソードを抜く。
ああぁっ、心臓がバクバクしてきたぞ。

「し、シロちゃん、ちょっとお願いしたいことがあるんだけど。」
「なんデシか?」
「ルーミィにフライをお願いって伝えて欲しいの。」
シロちゃんはわたしがやろうとすることをすぐに理解して、こくんと頷いた。
「がってん承知デシ!」
ツタを避けながら下へ降りていくシロちゃん。
下ではクレイたちが心配そうにこちらを見ながら、しかし襲いかかってくるツタに対応するのでいっぱいいっぱいみたい。

下にたどり着いたシロちゃんがルーミィにわたしのお願いを伝えたようで、ルーミィがこくんとわたしを見て頷いた。
わたしはもう一度大きく深呼吸をする。
大丈夫、大丈夫よ、パステル。
わたしは、冒険者、戦うのよ!

「でぇぇぇぇぇぇぇぇい!」
掛け声とともに、わたしを縛り付けていたツタを切りつける!
うぅ、だめだ!!まだ全部切れてない!
半分ほど切れたツタがぐなりと曲がり、天地が逆になりそうでちょっと怖いけど…もう一度!
「でぇぇぇぇぇい!」
さっき切りつけたところを狙って切りつけるとバツン!とツタが切れた!

「やったぁぁ!!」
自由になったけど、すぐに地面に落ちる!って瞬間ふわりと止まった。
よかった…!作戦通りだ!
そのまま、ゆっくりと地面にたどり着くと、ルーミィがばふっとわたしの胸に飛び込んだ。
「ぱぁーるぅ、ルーミィ、ちゃんとふあい、できたお!!」
「うん、ルーミィ、偉い!ありがとう!!!!」
がしっとルーミィを抱きしめる。
「よかった、パステル。」
ノルは伸びて襲ってくるツタをクレイから借りたのだろう。ショートソードで切り裂きながら、にっこりと笑った。
「そ、そうだ、カガリは?」
「大丈夫だよ。」
ノルが指差した先には青い顔をしているカガリの姿があった。
「よかったぁ!あ、キットン、このモンスターなんなのよ!?」
「ちょっと待ってくださいよぉぉぉ、あ、ありました!ツベラレルというモンスターです!」
「で、弱点は!?」
「炎ですね。」
「ファイヤーするかぁ?」
「熱いのデシするデシか?」
「いえ、暴れているのに炎をつけたらどうなります?あちこち飛び火しますよ。」
「じゃあ、他には!?ツタを切っても全くダメージないみたいだぞ!」
クレイが汗をかきながらツタを切っているけれど、本当、全くダメージがないみたい。
「ええ、ツタは攻撃のダメージを受けません。あの本体に攻撃しなければ意味無いそうです。」
「え!じゃあ、遠距離攻撃?クロスボウの出番ね!」
わたしが意気揚々とクロスボウを組み立てようとすると、
「ぶぁぁか、あのツタを抜けておめーの矢が当たると思うか?オレ、当たんねーほうに100G。」
「ぶぅーー!なにそれ!じゃぁ、あぁーたのパチンコで攻撃しなさいよ!」
「オレでも無理だったちゅーの!威力も足らねぇし。あのツタの量見ろよ、なんか増えてるし。」
「えぇぇぇぇ!?」
わたしは目をこすってツベラレルを見た。
………確かに、なんか、増えてる!?
「あぁぁぁぁぁぁ!」
キットンが馬鹿でかい声で叫んだ。
「な、なに!?」
「このツタ切りつけると増えるようです!ぎゃはははは!参りましたねぇ!」
場違いな笑いにポカンとげんこつをしたのは言うまでもない。
「でも、じゃあどうするのよぉ?」
「ぱぁーるぅ、つた、ぐっちゃぐっちゃだおー。もつれちゃうおー。」
ルーミィがのほほーんとツタを指して教えてくれる。
「うんうん、本当ぐっちゃぐっちゃね。今はそれどこじゃないんだけどね……」
「あぁぁぁぁ!!」
「んもぉぉ!今度は何!?キットン!?」
「毛糸を使いましょう!」

………。


「はぁぁぁぁ?」
「あれだけのツタが絡まったら、どうなります?動けなくなるでしょ?」
「そりゃそうだけど…それでなんで毛糸??」
「意図的に絡ませるんですよ、絡んだツタを毛糸を結んでやるんです。」
な、なるほど。
毛糸を使って、ツタをめちゃくちゃに絡める作戦ってわけね。

「最初にツタのどれでもいいです。毛糸玉の毛糸を結んであとはその毛糸を伸ばしながらツタを縛りつけましょう!」
「それ、最初の作業って危なくない?結構素早くやらないとダメだよね?」
「そうそう、そんなの誰がやるんだ…ってあんだよ…おめぇら……まさか、オレか!?」
みんな視線が集まったのはトラップ。
この中で一番適役っていったらトラップに決まってるじゃない。

「おや、無理ですか?逃げ足の速いあなたならできると思うんですけど?」
「だぁぁっぁぁ、ったく、わぁったよ!」
トラップは仕方なさそうに大八車に乗せられた毛糸の入っている箱を開けて、
「おい、クレイ!受け取れ!」
ぽいっと、一個トラップが毛糸玉をクレイに投げ渡す。
「え?」と言う顔でトラップのほうを向き投げられた毛糸玉を慌てて受け取る。
「俺も最初に結べばいいのか?」
「いんや。おめーにはもっと重要な役割があるんだよ。」
ニヤリと笑うトラップにクレイは怪訝そうな顔をした。
「なんだよ、重要な役割って。」
「毛糸を上から絡ませる役だ。」
「はぁ?」
「ま、行って来い!」
ぽんっとトラップが背中を押すと同時に!
「うわぁぁぁぁぁぁ!!」
「ちょ、ちょっとトラップ、なにしてるのよ!クレイ捕まっちゃったじゃない!」
そうなのだ。
ちょうどクレイが押された先に襲いかかっていたツタが、クレイを捕まえてしまったのだ。

「ケケケ!あれでいいの!おーい、クレイちゃーん、大丈夫かぁ?」
「トラップ、お前…なにするんだよ…!」
「あ、ちゃんと毛糸持ってるな!よっし、その上から毛糸を絡ませろ!」
「はあああああ???どうやってだよ!」
「そりゃ、てきとーに毛糸振りまいてりゃ絡まるだろ!じゃ、よろしくー!」
「………あのなぁぁ!!」
クレイは怒鳴りながらも、しぶしぶと毛糸を振り回した。
おぉ!?なんだか、あれだけでも結構ツタ、絡まりそうだぞ?

「よっし、あとは、おめぇら一人ひとり分の毛糸を結んでくるぜ!」
トラップはそう言って毛糸玉を箱から取り出し、ツベラレルのほうへ消えたかと思うと、すぐにこちらに戻ってきた。
「ほれ、これおめーの分。」
「えぇ!?もう結んできたのぉ?」
「あったりめぇーだ。ほれ、ノル、キットンも!これはルーミィの分だ。シロ、ルーミィの先導、頼んだぞ。」
「がってん承知デシ!」
「ね、ねぇ、ルーミィもまさかやるの?ダメだよ、危ないよ、ルーミィ。」
カガリが心配そうにルーミィを見ると、
「ばあーか、ルーミィなえてうかあ、いいの!」
にぃっとルーミィが笑っていった言葉、どこかで聞いたぞ。
「おっし、てめぇーら、適当に走りまくれ!ツタに捕まるんじゃねぇぞぉぉ!!」
トラップの言葉をきっかけにみんなバラバラに走り出した。
「………パステル、僕もルーミィと一緒に戦うよ!」
カガリがルーミィの走ったほうへ向った。
むむぅ、ルーミィとシロちゃんとカガリのトリオ?
だ、大丈夫…かなぁ…??
「ほれ、おめーも、ぼけれーっと立ってねぇで、走った走った!」
トラップはそう言い、今度はツベラレルの本体に近いほうへ消えていった。

むむぅ、仕方ない、やっぱり心配だからルーミィたちを追いかけよう!
わたしはトラップから渡された毛糸玉をひっぱり伸ばしながらルーミィを追いかける。


「ぎゃぎゃぎゃ!クレイ!私に毛糸を降らせないでください!」
「うぉっととと!おれのところにも降らせないでくれ。」
「す、すまん!キットン、ノル!」
「あ、あれれ?ちょ、ちょとぉぉぉ!ここどこぉぉぉ!?ルーミィィ!?」
「パステル、おめー、ツタんなかで迷子になるなよなぁぁ!!」
「ぱぁーるぅ、ルーミィここらおーー!!」
「わんデシ、わんデシー!」
「よそ見してたら危ないよ、ルーミィ!ツタが来た!」


きゃあきゃあ言いながら、時には自分自身も毛糸に絡まりそうになりながら。
それぞれ受け取った毛糸玉から毛糸を出してツベラレルのツタを絡めていく。
毛糸玉が無くなった頃を見計らってトラップが「第二段だ!」と新たに毛糸玉を持ってくる。
どんどんどんどん、絡まっていくツベラレルのツタ。
うへぇぇ、これ上から見たら、どんな風に見えるんだろう??
「…クレイーー!どう?ツベラレルの様子はーー!?」
「うん、どんどんカラフルな毛糸玉になっているようだ!!」


ツベラレルは思い通りに動かなくなる自分のツタに苛立ち、キィィィィと暴れだす。
が、それが余計に自分自身のツタを絡めてしまう結果になってるみたい。
苛立ちが最高潮になってしまったツベラレルはクレイをぶんっとほおり投げたではないか!
「うわぁぁぁ!」
落ちる!!
と思ったんだけど。
下で絡まりまくったツタが網が上手い具合にクレイを受け取っていた。
よ、よかったぁぁぁ!!!!

「よっし、最後のとどめだ!!クレイ!!!」
トラップの声でちょっと放心状態だったクレイがはたと我にかえった。
「わ、わかった。」
クレイは剣を鞘から抜き、でぃやぁあ!!とツベラレルの本体を切り裂いた!
「ギェェェェェ!!!」
ツベラレルの断末魔が牧場に響き、そして、どぉーーんと砂煙を上げて倒れたのである。



       !!!!!!!!!!!!!!

   
「や、やったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」
みんなでいっせいにバンザイをして、手をとりあい、踊りあう。

「パステルたちって本当に冒険者だったんだ!」
「か、カガリ、ちょっと、本当にって…どういうこと…!?」
「ごめん。だって、パステルたちすごく頼りなさそうだったからさ。ルーミィもすごいね。魔法、上手じゃないか!」
「そうだお!ルーミィ、すごいんら!」
えっへんとルーミィがえばったポーズをする。
「それに、そのシロ!!しゃべったりできるんだ!」
カガリの言葉に「あっ。」とわたしたちは顔を見合わせた。
ど、どうしよう……。

「あおね、かがい、しおちゃんのことあ、ひみつなんらお。」
「秘密?」
「そうら、きぎょーひみつなんらお。ないしょなんらお。」
き、企業秘密って、どこで覚えたのルーミィ…
「企業秘密…か。」
カガリはルーミィの言葉を繰り返した後、転がっていた毛糸を拾って笑った。
「……うん、わかった!シロのこと内緒にする。だから、ルーミィもあれ、内緒だぜ!」
にこっと笑い、カガリは手に持った毛糸をルーミィに手渡した。
ルーミィはにぃっと笑ってわたしを見上げた。
「あおね、このけいとがじょうぶなお、きぎょーひみつなんら!!!ルーミィ、ぱぁーるにも言わないお!」
「……!そうかぁ、あんな大きなモンスターが暴れても切れない秘密知りたかったなぁー。」
ぞういうとカガリは満面の笑みでにぃっと笑って言った。
「絶対に秘密だよ!」



   fin


(1)へ




■投稿者:MOMO『かくれんぼ。 』
■投稿日:1月25日
■作者コメント:
ショートソードで戦うパステルが書きたくて書きました。
今自分が持っている文章力で一生懸命書きました。
スポンサーサイト
 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。